RASC(ラスク)では、医療通訳活動の支援・医療多言語情報の提供を行っております。

RASCについて

  • HOME »
  • RASCについて

多文化医療サービス研究会(RASC:ラスク)は、いろいろなエリアの人々が集まって、日本語のサポートを必要とする外国人への医療サービスをよりよいものにしていくために情報交換、勉強会、啓蒙活動、研究活動などを通じて社会に貢献することを目的としています。

RASCの目的

  1. 外国人住民がうける医療サービスを向上させること
  2. 外国人住民が病院から地域へ帰ったときのコミュティーでのサポート体制を整えること
  3. 医療サービスにおける言語・文化的サポートを充実させること

グループには、医療、社会福祉、行政、通訳、ボランティアグループ関係者など、多くの職種の人々が参加しています。

多文化医療サービス研究会(RASC)は、「2006年度公益信託オラクル有志の会ボランティア基金」からの助成を受け、外国人妊産婦向けの冊子「ママとあかちゃんのサポートシリーズ」(英語版、中国語版、韓国語版、タガログ語版、ポルトガル語版;すべて日本語対訳)を作成しました。内容はダウンロードできます。

スタッフ紹介

代表

五十嵐 ゆかり (聖路加国際大学准教授:助産師)

監事

上田かほり

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.